交差

君には君の世界があり 僕には僕の世界がある ただ一つ 交差したこの場所で 僕達は 長い長い立ち話を始めた 君の世界の事 僕の世界の事 話しに夢中になり 日が暮れたのも気付かない程に 話しに飽きた頃 東の空が 薄紫に染まり出していた 僕達はまた それぞれの道を歩き出す いつかまた ここで再会する事を約束して
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の特別

君の手の温もり 君の優しい笑顔 君に会えると とても嬉しい たとえそれが・・・ 僕一人のものでなくても 君の特別になりたい 君に会いたくて 眠れない夜 終わるのが怖くて 渡せないメールアドレス 「僕も好きだよ」って 君は言うけど 流れる雫のように すぐに消えてしまう 君の特別になりたい 誰にも見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの子が言うように・・・ 僕に好きな人ができても 僕達の関係が変わるはずないのに 僕がここに存在する意味を 君はまだ知らない・・・ 僕が居なくなっても 君の日常が変わるわけないだろう? 君が居なくなっても 僕の日常も変わったりしない それでも ここでは 君が居なければ 僕は存在しないのだから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めてのブログ・・・

月の街を歩いていたら 風の宿がありました。 ちょっとそこで一休み 美味しいお茶と 安らげる空間。。。 そんなブログにできたらなぁ・・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more